BAOBAB

バオバブが参画した国産の大規模言語モデル(LLM) 研究開発で、Llama2 に次ぐ国内最高精度の検証結果を達成

2024.03.26

バオバブが株式会社Ridge-i(リッジアイ)との協働で実施した国産の目的特化型日本語LLM(大規模言語モデル)開発において、Llama2 に次ぐ国内最高精度の検証結果を達成しました。

 

本開発は、情報セキュリティ面で安心して使用できる国産の LLM の開発をめざしたもので、研究開発チームにはバオバブ及び株式会社 Ridge-i、そしてカーネギーメロン大学准教授の Graham Neubig 氏が参画しました。

 

参考:国産の大規模言語モデル(LLM) 研究開発に参画します(2023年07月19日)

 

詳しくは Ridge-i社の発表をご確認ください。

AI・ディープラーニング技術開発のリッジアイ、目的特化型の日本語LLM開発においてLlama2に次ぐ精度の検証結果を達成

 

今回の検証結果ではタスクに応じたデータの重要性を改めて確認できました。

バオバブは今後もますます高まるファインチューニングへのニーズに、国内最多の実績と万全の体制でお応えします。